ヒルナンデス 大根 もち レシピ

Posted on

こんにちは!お読みいただきありがとうございます。さて、今回は「ヒルナンデス 大根 もち レシピ」についてお話ししたいと思います。アットホームな気分でリラックスして、美味しさに自信を持って堪能できる料理はいかがですか?大根ともちもちの組み合わせは、食感や味わいがお互いを引き立て合い、とってもおすすめですよ。ぜひ、おうちでもチャレンジしてみてくださいね。

資料:ヒルナンデス 大根 もち レシピ

今回のレシピは、大根ともちを使った和風の料理です。大根はビタミンCや食物繊維が豊富で、もちもちとした食感が楽しめる食材です。この組み合わせは、和食の定番であり、簡単に作ることができます。

問題

大根ともちを上手に組み合わせて、どのような料理が作れるのでしょうか?

材料

  • 大根 – 1本
  • もち – 200g
  • 水 – 適量
  • 醤油 – 大さじ3
  • みりん – 大さじ1
  • 砂糖 – 大さじ1
  • しょうが – 1かけ
  • 白ゴマ – 適量

作り方

大根の下処理

  1. 大根を皮付きのまま洗い、水気を拭き取る。
  2. 大根の上部と下部を切り落とし、長さ4cm程度に切る。
  3. 大根に縦に切込みを入れ、さらに横に切り込みを入れる。この時、標準的な大きさになるように均等に切る。

もちの下処理

  1. もちを洗い、水気を拭き取る。
  2. もちを電子レンジで1分加熱し、柔らかくする。
  3. もちを少しずつ水につけ、手でこねながら粘りを出す。
  4. 粘りが出たら、100円玉程度に丸めておく。

調味料の準備

  1. 醤油、みりん、砂糖を混ぜ合わせる。
  2. しょうがをすりおろし、調味料に加えて混ぜる。

料理の準備

  1. 土鍋に大根を敷き詰める。
  2. その上にもちは並べ、調味料を回しかける。
  3. 水を少しずつ加え、土鍋の蓋をして中火で加熱する。
  4. 沸騰したら、弱火で10分程度蒸し煮にする。
  5. 火を止め、10分程度蒸らしてから土鍋を開ける。

仕上げ

  1. 器に盛りつけ、上に白ゴマを sprinkledすると完成です。

ヒント

  • もちを水につけるときは、粘りが付きすぎないように注意してください。
  • 調味料に好みに応じて、にんにくや唐辛子などの隠し味を加えることもできます。

コツ

  • 大根ともちは、側面から塩分が染み込みやすいように、小さめの鍋を使用すると良いです。
  • もちを加えると、食材が順番にならぶのを防ぐために、大根を敷き詰めるようにしてください。
  • 蓋をしっかり閉め、蒸し煮にすることで、もちと大根が味をしみ込み、柔らかくなります。

ヒルナンデス 大根 もち レシピの強みと弱み

ヒルナンデスで紹介された大根ともちのレシピが話題になっています。その強みと弱みを考えてみましょう。

強み

利点詳細
手軽さ材料もシンプルで、調理も簡単です。特別な道具や技術は必要ありません。
美味しさ大根ともちが絶妙に絡み、味も食感も満足感があります。
栄養価大根にはビタミンC、カルシウム、食物繊維などが豊富に含まれ、もちは良質な炭水化物です。

弱み

欠点詳細
飽きやすさ同じものを繰り返し食べると、飽きてしまう場合があります。
子ども向けではない大人向けの味付けや食感ですので、子どもには好まれないかもしれません。
保存性の低さもちが冷めると硬くなるので、冷めてしまう前に食べきらなければなりません。

以上が、ヒルナンデスで紹介された大根ともちのレシピの強みと弱みです。利点もしっかりと把握して、欠点を補う工夫をすれば、もっと美味しく楽しめるはずです。

よくある質問

Q1:「ヒルナンデス」で紹介された大根もちのレシピを知りたいです。

A1:大根もちのレシピはこちらです。
材料:大根、もち米、塩、水
作り方:
1. 大根を皮をむいて千切りにし、塩を加えて揉み込む。
2. もち米を10分ほど水に浸け、水を切って大根と一緒にフードプロセッサーで粉状にする。
3. 2に水を加え、2時間ほど冷蔵庫で冷やす。
4. 手で丸めて、もう一度冷蔵庫で30分ほど冷やす。
5. 沸騰した湯で茹で、水に浸して完成。

Q2:大根もち作りに失敗してしまいました。何が原因でしょうか?

A2:大根もちの失敗の原因は、大根の水分量が多すぎる、水加減が足りていない、粉状にしたもち米が固すぎる、冷やす時間が足りていない、などが考えられます。レシピの作り方をよく確認して、失敗しないように気をつけましょう。

Q3:冷凍保存は可能でしょうか?

A3:はい、冷凍保存が可能です。茹でた後に冷凍し、食べる前に軽くレンジで温めると美味しく食べられます。

Q4:大根もちはどのように食べれば良いですか?

A4:大根もちは、和風だしで煮たり、焼いたりするのが一般的です。また、お好みでタレをつけて食べるのもおすすめです。

Q5:大根もちはどのように調理すれば、もっちりとした食感ができますか?

A5:もち米を粉状にしたものに、大根を加えて練り込むことで、もっちりとした食感が出来上がります。また、冷蔵庫で冷やした後に茹でることもポイントです。

Q6:大根もちはアレンジができますか?

A6:はい、大根もちには色々なアレンジが可能です。例えば、餡やチーズなどを詰める、お好みのスパイスを加える、チーズフォンデュ風にしてみる、などがあります。皆さんもオリジナルの大根もちを作ってみましょう。

Q7:大根もちには何か合うおすすめの飲み物はありますか?

A7:大根もちは和風の味わいなので、日本酒や焼酎などが合います。また、お茶やジュースでも美味しく楽しめます。

Q8:大根もちはどのくらいの期限がありますか?

A8:大根もちは、冷蔵庫で1週間程度保存できます。

Q9:大根もちを食べるとき、箸やフォークがおすすめですか?

A9:大根もちはもっちりとしているので、フォークよりも箸の方が食べやすいです。どうしても箸が難しい場合は、お好みでフォークを使ってもOKです。

Q10:大根もちのカロリーはどのくらいですか?

A10:大根もち1個(約16g)あたりのカロリーはおよそ30kcalです。食物繊維が豊富で、低カロリーなので、ダイエット中の方にもおすすめです。

最近、料理にハマっている方、たくさんいるのではないでしょうか。今日は、『ヒルナンデス』で放送されたレシピをご紹介します。それは”大根もち”です。見た目もかわいく、食感も楽しめる一品です。

大根もちの材料

・大根 1/2本 ・もち米 200g ・片栗粉 大さじ 2 ・水 適量 ・ポン酢 適量

大根もちの作り方

1. もち米を洗い、水に浸けて4時間以上おいておきます。
2. 大根を一口サイズに切り、電子レンジで加熱します。
3. 大根が冷めたら、もち米と一緒にフードプロセッサーにかけます。
4. 水と片栗粉を加え、もう一度フードプロセッサーにかけます。
5. 6等分に切り分け、丸めます。
6. 塩茹でしたお湯で10分ほど茹でます。
7. お皿に盛り、ポン酢をかけて完成です。

以上が大根もちのレシピです。簡単にできるので、初心者の方でも挑戦しやすいです。大根がもちもちとした食感になり、ポン酢と一緒に食べると絶品です。

ぜひ、大根もちを作って食べてみてください。あなたもヒルナンデスで紹介されたこのレシピの虜になること間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *