とり天 レシピ 白 だし

Posted on

こんにちは!とり天 レシピ 白 だしに興味がある方々に向けて、私たちはお出迎えです。日本料理の中でもとりわけかんたんなレシピで、簡単に自宅でも作ることができますよ。さらに、このレシピには白だしを使用することで、塩分を抑えつつも味わいをしっかりと楽しむことができます。全く新しい味わいをお届けしたいと思います。是非一度お試しください!

とり天 レシピ 白 だしの素晴らしさ

とり天は、日本の伝統的な料理であり、歴史的にも非常に重要です。この料理は、鶏肉を軽く衣をつけて揚げたもので、その風味とサクサク感が絶品です。今回は、白だしを加えたとり天のレシピをご紹介します。白だしは、醤油やみりん、酒などの調味料を混ぜ合わせたものであり、とり天との相性が抜群です。ぜひ、このレシピで素晴らしいとり天を作ってみてください。

とり天 レシピ 白 だしの作り方

材料:

  • 鶏もも肉 300g
  • 片栗粉 80g
  • 卵 1個
  • 白だし 大さじ2
  • 水 大さじ2
  • 揚げ油 適量

手順:

  1. 鶏もも肉を厚さ2センチに切り、塩こしょうをふる。
  2. 白だしと水をボウルに入れ、混ぜる。
  3. 片栗粉を別のボウルに入れ、卵を溶きほぐして加え、粘りが出るくらいまで混ぜる。
  4. 揚げ油を熱して、鶏もも肉に片栗粉をまぶす。
  5. 卵液にからめた後、再度片栗粉をまぶす。
  6. 2回揚げたら、白だしの混ぜ物にくぐらせて食べる。

問題1:鶏肉の厚みはどのくらいにすれば良いですか?

鶏もも肉は、厚さ2センチに切ってください。厚さが均一でなくても構いませんが、分厚すぎる場合は、内部が生のまま残る恐れがあるため注意してください。

問題2:揚げ油の温度は何度にすれば良いですか?

揚げ油の温度は、約170〜180℃にすると良いです。温度が低すぎると油っぽくなり、高すぎると焦げやすくなるため、しっかりと調整してください。

とり天 レシピ 白 だしのコツ

コツ1:卵液と片栗粉の量はどのくらいが適切ですか?

卵液と片栗粉の量は、それぞれ80gを目安にしてください。卵液が多いと、揚げ物がスカスカになってしまいます。また、片栗粉が多いと、かたくなりすぎてしまうため、均等にまぶすようにしてください。

コツ2:鶏肉に塩こしょうを振る目的は何ですか?

鶏肉に塩こしょうを振ることで、風味を引き出し、肉の旨みをより引き立てます。また、肉についた余分な水分を抜く効果もあります。

コツ3:揚げ物をする際に注意すべきポイントは何ですか?

揚げ物をする際には、衣がはがれないように十分に油を熱し、鶏肉を一度にたくさん入れすぎないようにすることが重要です。また、衣がこんがりと焼き色がつくまでじっくり揚げると、より美味しく仕上がります。

コツ4:白だしの加え方はどのようにすれば良いですか?

白だしは、揚げ上がったとり天にくぐらせるだけでOKです。あまり長時間つけすぎると、風味が落ちるため注意してください。また、白だしの油分が気になる場合は、ティッシュで軽く拭き取ると良いでしょう。

コツ5:楽しみ方はどのようにすれば良いですか?

とり天は、そのまま食べても美味しいですが、ごまや柚子胡椒、醤油などを添えて食べると、更に風味豊かになります。熱々のとり天は、ビールや日本酒と一緒に楽しむのがおすすめです。

とり天レシピ白だしの強みと弱み

強み

とり天レシピを白だしで作ることの強みは、簡単かつ手軽なことです。白だしは味がしっかりしているので、調味料をたくさん入れなくても、十分な味を出すことができます。また、白だしは健康にも良いとされているので、栄養バランスにも考慮したレシピを作ることができます。

弱み

一方、白だしを使用することによって、本来のとり天の味が引き立たなくなってしまう可能性もあります。また、白だしは大豆を原材料にしているため、アレルギーを持っている人がいる場合は注意が必要です。さらに、白だしは塩分が多いため、摂りすぎには注意が必要です。

強み 弱み
– 簡単かつ手軽 – 本来のとり天の味が引き立たない可能性
– 味がしっかりしているので調味料をたくさん入れなくても十分な味が出る – 大豆アレルギーを持っている人がいる場合には注意が必要
– 健康にも良いとされている – 塩分が多いので摂りすぎには注意が必要

よくある質問

Q1. とり天に白だしを使ったレシピを教えてください。

A1. 鶏肉を切って、白だしと一緒にタレに漬けてから天ぷら粉をまぶして揚げるだけで、とり天ができます。揚げたあとに余分な油をペーパータオルで拭き取って、お好みのタレと一緒に召し上がれ。

Q2. どんなおかずと一緒に食べるとよいですか?

A2. ご飯やビールと一緒に食べると良いでしょう。また、野菜の天ぷらや唐揚げなどと一緒に盛り付けると、彩り豊かなおかずになります。

Q3. 天ぷら粉はどこで買えますか?

A3. スーパーなどの食品売り場に置いてあります。

Q4. 白だしはどこで買えますか?

A4. スーパーなどの食品売り場に置いてあります。または、インターネットでも購入できます。

Q5. 揚げる前に鶏肉を下味をつける必要はありますか?

A5. 下味をつけて漬け込むと風味が増しますが、不要です。

Q6. とり天を揚げる際、何度くらい揚げると良いですか?

A6. 鶏肉がしっかりと揚がるまで2~3回程度揚げると良いでしょう。

Q7. 揚げた後に油を拭き取る理由は何ですか?

A7. 余分な油を取り除くことで、さっぱりとした味わいになります。

Q8. 白だし以外の味付けはありますか?

A8. しょうゆや味噌など、お好みの調味料を加えて味付けすることもできます。

Q9. 鶏肉以外の食材でとり天を作ることはできますか?

A9. はい、エビやイカ、野菜などでも実際に作られています。

Q10. 揚げたあと、余ったとり天の再利用方法はありますか?

A10. 冷凍保存して、後日再度揚げることができます。

結論

とり天とは、日本の定番揚げ物の1つであり、新鮮な鶏肉を衣をつけて揚げた料理です。そのまま食べるのも美味しいですが、お弁当やおつまみにも合うアレンジレシピもあります。今回は、とり天に白だしを使用したレシピをご紹介します。

白だしは、鰹節や昆布を煮出しただしに醤油を加えた調味料であり、和食のソースや調味料としてよく使われます。とり天に白だしを加えることで、より深い味わいと風味がプラスされます。

とり天に白だしを使用するレシピは簡単です。とり天に必要な材料(鶏肉、衣、揚げ油)に加えて、白だしとみりんを混ぜたタレを作ります。タレにとり天を漬け込んでから、揚げるだけです。

とり天に白だしを加えることで、深い味わいや風味が加わります。鶏肉の旨味と白だしの醤油の味がよく合い、一度食べたらやめられなくなる美味しさです。ぜひお試しください。

結語

今回は、とり天に白だしを使用したレシピをご紹介しました。白だしは、和食のソースや調味料としてよく使われる調味料であり、とり天に加えることで深い味わいや風味が加わります。ぜひ、ご家庭で試してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *